スタッフ紹介

「たまごのお部屋」院長加藤恵子

 

 

都内鍼灸専門学校を首席で卒業後、老舗美容鍼灸サロンを経て都内鍼灸整骨院にて分院長に就任。その後女性疾患を専門に扱う治療院にて研鑽を重ねていくうち、鍼灸治療における自律神経への影響を実感し、より理解を深める為医学博士らの元で学習を続けながら自律神経の調整から不妊を考える「たまごのお部屋」を開設。

 

  • 鍼灸師
  • 日本不妊カウンセリング学会 会員
  • 日本良導絡自律神経学会 会員
  • 現代医療鍼灸臨床研究会 会員
  • 良導絡自律神経学会認定アドバイザー
  • 日本鍼灸師会 会員
  • 初等教育教員免許

 

私にとって東洋医学は母の影響もあり、子供の頃から身近な医療でした。そんな私が本格的に東洋医学の道へ 進む事となったのは、流産や度重なる心労で重度のアトピー性皮膚炎を患った事がきっかけでした。免疫性疾 患は効果的な治療法もありません。いつ終わるとも分からない闘病生活の中、不安の募る日々を過ごしながら 様々な治療法を模索していた私が、寛解への道しるべとしてようやく辿り着いたのが鍼灸治療でした。当時は 鍼灸については知識も無く、初めの頃は鍼を刺されてもよく分からないと云うのが本音でしたが、2 回3 回と治 療回数を増し、鍼灸師の先生と色々な話をして疑問に答えて貰ったり、励まして貰う毎に気持ちが楽になって きている事に気づきました。それは所謂東洋医学で言う処の「気のめぐり」が良くなるという状態で、気のめ ぐりが整った事で漢方治療も上手く回り始め、それからは日を追う毎に回復の兆しが見えるようになり、愛犬 達のお散歩も陽の明るい時間帯に行ける事がとても嬉しく、寛解した頃には当たり前の事が当たり前に出来る ようになった日常にとても感動した事を覚えています。

 

闘病中は大変苦しい思いをして参りましたが、病と向き合った事で生体の恒常性や自律神経の働き等、お身体についてより深く関心を持ち、自身のように病や不調で辛い思いに苦しんでいる方が一日も早く元気を取り戻し、笑顔で毎日を過ごしていけるよう本当の意味の「心と身体に寄り添った治療を手掛けたい」そう願った事が医療の道へ進むきっかけとなりました。

 

鍼灸治療はお身体だけではなく、心にも作用する不思議な医術です。「たまごのお部屋」は東洋西洋両医学の見地から、一日も早く赤ちゃんを迎えたいと願うご夫婦の皆さまの気持ちにしっかりと寄り添い、やがてママとなるお身体に負担の無い方法を取り入れた鍼治療で、命を育むお手伝いをさせていただきたいと思っております。

 

たまごのお部屋 院長 加藤恵子

 

Copyright© たまごのお部屋 , 2021 All Rights Reserved.